【離婚と慰謝料】オススメ弁護士の完全マル秘ガイド

ホーム > 離婚と慰謝料情報 > 離婚にまつわる慰謝料の相場は?

離婚にまつわる慰謝料の相場は?

結婚して生活をしていると、いろいろな理由で溝ができてしまい修復ができなくなることがあります。そのときには、最終手段として離婚をすることになります。
そこで、離婚をする原因などによって慰謝料の金額が異なりますが、今後の生活もあるためできるだけ多くもらえるようにしたいと考えるのが自然です。そのため、相談をする場所を探したりすることが必要になります。
基本的には話し合いで決めるのが一番円満に収まるのですが、なかなかうまくいかない部分もあり、弁護士などに相談をすることで解決をすることができます。そのため、日本全国相談できるところはありますが、近くにありしっかりと相談に乗ってくれるところを探すことがポイントになります。

そして、慰謝料に関しては相場があり、それに基づいて調整をしていきます。一般的な夫婦であれば、200万円から400万円というのが相場になっています。
そして、重要になってくるのが離婚したい原因です。浮気やドメスティックバイオレンスなどの理由の場合は、心の大きな傷を負っているということもあり、400万円以上になることもあります。もちろん、支払う側の支払い能力もポイントになる部分であり、収入や資産などを加味して金額が決められることが多いです。
そして、慰謝料というと男性が女性に支払うというイメージですが、最近は逆のパターンも増えています。というのは、女性の社会進出もあり、女性に原因があり支払い能力がある場合には支払いを求められることになります。

そして、先ほどもあったように離婚の原因もありますが、それ以外に婚姻期間や子供がいる場合は親権も関係していきます。ちなみに、よく言われているのが、「同居年数×60万円」という計算式です。これは、正式な金額ではありませんが、大体そのくらいの金額になるということで知られています。
そのため、必ずしも当てはまるというわけではなく支払い能力と条件によって変わってきます。そして、離婚の相談をするにしても費用が掛かるので、その点を比較して決めることが重要です。最近は、相談無料のところもあり、検索条件に入れることでどのくらいの費用などが掛かるのかを確認できます。
特に浮気などの場合には証拠が必要になるため、交通費などの諸経費が必要なることもあるのでその点をしっかりと確認をしておきます。そして、最終的には裁判所で慰謝料の金額を決定することになるので、円満に解決をするためには相手も納得させることが大切です。

カテゴリー